プロポーズ, ホワイトデー, メリアルーム, 豆知識

【プロポーズ成功エピソード】12本のバラでダズンローズ・プロポーズ!

こんにちは、アートフラワーギフト専門店「メリアルーム」のコンシェルジュ木村です。寒暖差の激しい気温に振り回されて、皆さま体調は崩されていませんか?私は先日の晴れた日が、たまたま結婚記念日と重なったので、夫とドライブに行けてとても良い日になりました♪

以前にもお話しましたが、私はメリアルーム商品でプロポーズを受けて夫と結婚をしました。「アートフラワー」という「枯れない花」が、どれほど魅力的で素晴らしい花なのかを身をもって体験をした事もあってか、今はご縁がありコンシェルジュをしています。皆さまへ幸せのお手伝いができますように、そしてお相手様の女性には私も感じた忘れられない素敵な瞬間を味わって欲しい…!と日々感じております。

夫はお付き合いをしている時から生花を贈ってくれるのですが、プロポーズには「カタチに残る花」にこだわっていたようで、メリアルームを見つけてくれました。結婚をしてからは私がメリアルームにいるので、商品を買う訳にもいかず生花が多くなり、今年の記念日も花束をもらいました。枯れてしまう儚さにも愛しさを感じますが、好きな人からもらうのであれば色褪せずにずっと飾って置ける花の方か嬉しいですよね?今回お話させていただこうと思ったR様のプロポーズエピソードは、枯れない「アートフラワー」への熱意を感じたお客様でしたのでご紹介させてください。

 

メリアルーム社のコンシェルジュ

R様のプロポーズ成功エピソード

「この商品でプロポーズしたいんです!」

 

先日「どうしてもメリアルームの商品でプロポーズをしたいのですが、明日アトリエへ商品受け取りに行けますか?」とR様よりお電話にてご相談をいただきました。どうやら週末に旅行の計画を立てているようで、その途中でプロポーズをお考えのようでした。今回はメリアルームアトリエへお受取りにお越し頂けましたので、超速サービス(優先的に商品をお作りして大事な日に間に合いますようサポートさせて頂くサービスです)をご利用いただき、ご旅行に間に合うようフラワーギフトをお作りさせて頂きました。ご相談を頂いたお電話にてご注文をお受けしましたが、お仕事の合間を縫ってのお電話でしたので、じっくりとお話しできずに「とにかくピッタリな商品を見つけたのでコレにします!」と「プロポーズボックス ピンクハート」をご注文頂きました。

この商品以外ありえない!」と言わんばかりの勢いで、一体どのようなプロポーズをお考えなのかとても気になり、色んな妄想を膨らませながらR様のアトリエご来店までお待ちしておりました。

そして実際にお越し頂いた際に、どのようなシチュエーションをご予定なのかお伺いしました。聞いて納得、是非こちらのプロポーズボックスで彼女のハートを射止めて欲しい♥と、自信を持ってお見送りさせていただきました。その気になるR様のプロポーズ計画はこちらです!

 

サプライズでディナーへお誘い

お付き合い3年記念日にお二人で旅行へ行く計画を立てていて、最終日の夜はホテルのレストランをコッソリ予約しているそうです。たくさん旅行を楽しんで名残惜しい最終日の夜、何も知らない彼女をディナーへお誘いします♪楽しく一緒に食事をしながら、終盤のデザートのタイミングでサプライズプレートをお願いしているらしく、3年記念を一緒にお祝いします!そのタイミングで事前にホテル側へ依頼しておいた「11本のバラの花束」をお渡し予定です。生花ではなくプリザーブドフラワーをご用意しているようで「枯れないバラ」をプレゼントしたかったR様のこだわりです♥ここで「11本のバラの意味」をお相手様へお伝えします。

 

R様「11本のバラには❝最愛・宝物❞という意味があって、大切な人へ贈る本数なんだ。これからも一緒に沢山楽しい時間を宝物にして過ごしていきたいよ。」

 

この段階で既にプロポーズに近いのですが、ココまではあくまでも「3周年記念日」のお祝いです。11本のバラの花束と意味で彼女にときめいてもらった後は、ゆっくりデザートを食べながら思い出話などをし、今夜でこの楽しい旅行も終わりに近づいたか・・と少ししんみりとした気持ちでお部屋へ戻ります。…そして、これからがR様のプロポーズ後半戦になります!

 

ジャケットのポケットに入れてプロポーズ

彼女は11本のバラの花束を抱えながら一緒にホテルのお部屋へ戻ります。そのタイミングでR様はポケットに忍ばせておいた「プロポーズボックス」を取り出します。夜景が綺麗な中、彼女とR様がお部屋で2人きり♥ロケーションも雰囲気もテンションもMAXの中で、箱パカです!!

 

ダイヤを引き抜いて欲しい、結婚してください。

プロポーズの言葉は、シンプルかつストレートにお伝えすると決めているそうです。女性にとって、それが一番心に刺さるのでバッチリなプランだと思います♪OK以外のお返事はありえない最高の演出でございましたので、ここで何故このような演出で、どうしてこの花たちを選んだのかをご説明させて頂きます。

 

11本のバラ+プロポーズボックスの1輪=ダズンローズ(12本のバラ)

 

レストランでお渡した「11本のバラ」と、プロポーズボックスの「1輪のバラ」を合わせダズンローズとしてプロポーズをしようと思いついたR様でした。プロポーズでお渡しするからには、長く楽しめる生花を探していたようでプリザーブドフラワーの花束に決めたそうです。ただ、絶対に枯れない「アートフラワー」の存在を知って「コレでプロポーズだ!」と思い立ってお電話をすぐしてくださったとの事です。そして選んでいただいたプロポーズボックスのバラは「白いバラ」です。この「白いバラ」にも深い意味があり、決めていただいたポイントでもありました。

 

ダイヤモンドパウダー

約束を守る・相思相愛・純愛・深い尊敬

白いバラには「私はあなたにふさわしい」という意味があります。これは白いバラだからこそ、何色にも染まる可能性を秘めた色だからです。また「あなたの色に染めて下さい」や「純粋な愛」という意味も持っているので、大切な人に気持ちを伝えたり、永遠の愛を誓うプロポーズにはピッタリの花だったのです♪また「1輪の白いバラ」には「一目惚れ」という意味もあり、相手に対して一途な思いを寄せている意味を持ちます。これは自分が相手を思う真っ直ぐな気持ちを伝える際にピッタリで、告白やプロポーズなどの「愛の告白」のための花なんです♥

いかがでしたでしょうか?
プロポーズは今月末を予定しておりまして、今は嬉しいご報告待ちですが大成功に終わること間違え無しですよね!とても素敵なプロポーズのシチュエーションをお聞かせいただき、ありがとうございました。R様とお相手様にとりまして、素敵なご旅行になりますことを、スタッフ一同、心よりお祈りしております♪

 

エントランスの装飾

花には「種類・色・数」により意味が異なり、たくさんの想いを伝えることができます。メリアルームでは、そんな思いも皆さまにお伝えしていきたいと思っています。そして、お贈りしたお相手様へその意味も含めてお伝えいただけますと、より特別なアートフラワーとなり、より一層輝いてお部屋を彩ってくれますよ♪

 

《お問合せ先》

フラワーギフトのメリアルーム
営業日時 平日10:00~12:30、13:30~17:30(土日祝は休業)

◆Webからのご注文:
・プロポーズ専門フラワーギフト『メリアルームプロポーズ』

◆Web以外のご注文方法・ご相談・ご来店予約》
・お電話:フリーダイヤル 0120955885(10:00~12:30、13:30~17:30)
・メール:問い合わせフォーム
・本社アトリエ:東京都港区南青山7-10-3 南青山STビル7階(表参道駅より徒歩13分)