商品紹介

指輪なしでも「箱パカ」プロポーズ


こんにちは、アートフラワーギフト専門店「メリアルーム」の原です。

2月14日は「バレンタインデー」、3月14日は「ホワイトデー」と、この時期は恋人や夫婦にとって楽しいイベントが目白押しですね。ホワイトデーに大切な彼女へサプライズプロポーズをご計画されていらっしゃる男性も多いのではないでしょうか。

本日は、昨年10月よりリニューアルしたプロポーズ専用商品「プロポーズボックス」についてご紹介します。

リニューアルポイント①サイズ・形

ホワイトとピンクの2色
ホワイトハートとピンクハート

まず、最大のリニューアルポイントは「サイズ」と「形」です。リニューアルのきっかけとなったのは、ご購入頂いたお客様からのリアルな声。

従来のデザインは、プレゼントをもらった女性が「婚約指輪」と誤解して残念な気持ちにならないよう、「指輪ケース」と差別化を図り、あえて指輪ケースよりもひとまわり大きいサイズでお作りしておりました。

しかし、「コートやジャケットに入れられる大きさにしてほしい」、「もう少しサイズが小さいとポケットからカッコよく出せそう」。そんな男性のお客様からのご要望にお応えして、普段バッグを持たない男性でもスマートにプロポーズして頂けますよう、昨年10月よりポケットに入るコンパクトなサイズにリニューアルしました。

また、形も女性が大好きな「ハート」の形に。たくさん生地の中から厚みや色を選んでベースを決め、ボックスの内側の生地も色合いにこだわりました。普段は照れくさくて言えないお相手様への想いも、ハートのプロポーズボックスが伝えてくれそうですね。

プロポーズボックスでのプロポーズシーン

リニューアルポイント②「刺繍」

ボックスのフタ(表側)には、お相手様の「イニシャル」を無料で刺繍できます。また、フタの裏側には刺繍で「I Love You」「Anniversary」「Just For You」のいずれかのメッセージを入れて「世界に一つのオリジナルギフト」にすることも。

刺繍の「名入れ」は、この商品の発売と同時にスタートしました。

大好きな彼からもらったプレゼントに「自分のイニシャル」が入っていたら嬉しい!ケースを開けた時に彼からのメッセージを見て更に感動…!と、メリアルームのデザイナーがプロポーズボックスを受け取る「彼女の気持ち」を想像しながら企画しました。販売開始日に間に合うよう、刺繍機の導入や何度も打ち合わせと施行を重ね、そして、現在に至ることができました。

フタにイニシャルを刺繍する様子
フタにイニシャルを刺繍(写真はピンクハートのフタ)

「婚約指輪」のケースをパカっと開けてのプロポーズは、女性なら誰もが憧れるシチュエーションです。でも最近では、ジュエリーブランドやデザインも増え、「大切な彼からもらう婚約指輪だからこそ、一生身に着けたいからデザインは自分で選びたい」そんな声が多くなってきています。

また男性でも「箱をパカっと開けてカッコよくプロポーズしたい、でもサイズも不安だし、彼女の喜ぶデザインをあげたい」といった声をよく耳にします。プロポーズボックスは、そんな男性の優しさと女性の可愛らしい願いを「形」にしています。さらに最近では、女性でも婚約指輪の代わりに、時計や旅行に費用を当てたいという意見もあり、「婚約」の形が多様化されています。

プロポーズボックスは「指輪はあとで一緒に選びたい」「指輪はいらない…でもしっかり想いは伝えたい」そんな方に最適です。ぜひ、リニューアルした「Newプロポーズボックス」でプロポーズをしてみてはいかがでしょうか。

プロポーズボックスお渡しシーンの一例として、シチュエーションムービーを作りました。ぜひ参考にしてくださいね。

お渡しシーン動画(音声あり)

 

プロポーズボックス ホワイトハートはコチラ

プロポーズボックス ピンクハートはコチラ

その他プロポーズ商品一覧はコチラ